パン屋 アンベーカリー

パン屋 アンベーカリー(完全無添加の食パン)
〒470-2103
住所:愛知県知多郡東浦町大字石浜字川尻23-1
電話:0562-84-5795
アンベーカリーさんの営業時間ですが、平日の水〜金曜日は朝8時から、土日祝日は朝6時30分からとなります。

 

お店へパンを買いに行った時、お客さんが質問をされました。


「メロンパンは3種類あるけど、味はどう違うの?」


100円のメロンパン2種と、120円のメロンパンが1種。
使っているパンの種類と、上にかぶせる生地が違うそうで、

100円はコストを抑えて、120円の方はバターたっぷりだそうです。

(もっと詳しく説明してくれました)

 

そういうこと、説明とかの表示はなくて、でもいろいろ工夫していたり、天気によって使う機械を変えていることとか、ポップに書いたらいいのにって思いましたが、質問は直接受けますよ、というスタイルなので、気になる方は店主にぜひ聞いてみましょう!面白いパンの話を聞くことができます。今回の開店はチラシは出していないので、お客さんのクチコミで伝わってるようです。で、開店初日はお昼で完売だったそうです。

パン屋 アンベーカリー 〜第6号〜

★この記事は2009年6月に投稿したものです★
★お店のホームページではありませんのでご了解ください。★

新店舗のお知らせ
森岡から石浜へ移転されますよ〜

パン屋 アンベーカリー(完全無添加の食パン)
〒470-2103
住所:愛知県知多郡東浦町大字石浜字川尻23-1
電話:0562-84-5795



先日、パン屋さんに行きましたら、あらびっくり。移転のお知らせです。
場所は東浦町体育館のすぐ近く、以前パンのミニーさんがあった所です。改築してリニューアルオープンの予定。それに伴い、営業時間や定休日も変更するかも、とのことでした。





今のお店は、8月2日をもって閉店になります。



暑い中の引越しと聞くと、大変ですよね〜 (-_-)
しかし、ガンバッテください。新しいお店を楽しみにしています!(^∀^)

パン屋 アンベーカリー 〜第5号〜

★この記事は2007年12月に投稿したものです(住所は移転先に変更しました)★
★お店のホームページではありませんのでご了解ください。★

パン屋 アンベーカリー(完全無添加の食パン)
〒470-2103
住所:愛知県知多郡東浦町大字石浜字川尻23-1
電話:0562-84-5795

「自家製天然酵母パンあります」

大きくて丸いのが「パン・オ・ルヴァン」¥500-


小さいのは「プチルヴァン」¥100-


こちらはレーズンの酵母さん。
東浦巨峰の酵母を作ったりといろいろされてるアンベーカリーのご主人は、新しく入られたパンマニアのスタッフさんと、さらにいろんなことをされているようです。
いろんな食べ物から酵母というのはできるそうで、それぞれクセがあるからいかに上手に育ててお付き合いするかで、パンの出来上がりも違うようです。このレーズンもプツプツと、何かが育ってるような…その力でパンがふくらんで味が出るって不思議です。生きてるんですね〜。以前、お友達からカスピ海ヨーグルトを分けていただいて育てたことがあるのですが、お天気や室温で育ち具合が違うし、我が家のとお友達のとでは味もとろみ加減も違うのでビックリしました。しかもそのお友達は年中上手に育てるのに私は1シーズンしかもちませんでした。(-_-;)しかも毎年死滅… (-_-;)どないやねん。


パン屋さんのパンは、甘くてふんわりの方が人気があるようです。全国にいろんなパンがあるし今はネットで気軽に買い物もできますが、やはり人気のあるのは甘くてふんわり。でもパンには硬くて甘くないパンもあります。石窯でがっちり焼き上げたハードなのとか。でもそれは少数派のようで、パン屋さんが「これはうまい!」って作っても、実際なかなか売れないという話も聞いたことがあります。天然酵母というと、少しすっぱい酸味があるのでこれも賛否両論。

で、実は私と夫はそのハードなパンとかすっぱいパンが大好き派。アンベーカリーさんで天然酵母を始められた時は嬉しかったですね〜。トーストにすると外側はカリっとして中はモチっと。ほんわか焼き上げた香りの中にふっとすっぱいのが現れるので、パンのやさしく温かい手触りからきりりとした主張が感じられます。
トースターで焼くたびにいい香りが〜〜♪「やっぱりこれが好きだな!」と毎回言ってから食べるので、子供達も「そうですか」ってなもんです(ちなみに子供達は甘い香りのトーストの方が好きです)。すっぱすぎてお店に出せないパンというのを1度わけていただいたことがあるのですが、これが本当にすっぱい!さすがにこれは…と思ったら夫は「これがいい!」とのこと。牛乳とあう〜と喜んでいました。これからも天然酵母派宣言です。
 

パン屋 アンベーカリー 〜第4号〜

★この記事は2007年3月に投稿したものです(住所は移転先に変更しました)★
★お店のホームページではありませんのでご了解ください。★


パン屋 アンベーカリー(完全無添加の食パン)
〒470-2103
住所:愛知県知多郡東浦町大字石浜字川尻23-1
電話:0562-84-5795


「注文を受けてネコのパン作ったよ」と連絡をいただき、行ってきました。


ネコと犬がいっぱい〜♪まつげがかわいいね〜♪


お友達に頼まれて作ったそうで、生地の黒さは食用備長炭が使われています。
炭には体内の不純物(ダイオキシン、残留農薬、環境ホルモン等)を排出する働きがあるといわれてるので、おいしくてキレイはウレシイ!




はい、このように作ってねというかわいいスケッチを元に作られました。
今回はお友達からの依頼ということでしたが、一般のお客さんでもこーいう相談に応じてくれるんですか?と聞いたところ、出来る限りお客様の要望には応えたいから、まずは相談してもらえれば…とのことでした。


なにやらヒソヒソお話中…

他にもアレルギーの相談を受けたこともあるそうです。学校給食のパンが食べれない子もいますものね。アンベーカリーさんは身体の健康を考え、完全無添加のパンを作っています。誰でも安心できるものを食べたいですものね!
ここで無添加のパンの商品をご紹介!
・クリームパン ¥110
・ピッコロ ¥120
・セミハード ¥320
・食パン ¥220
・バターブレッド ¥240
・イギリス食パン ¥360
・プレーンベーグル ¥110
・小倉あんぱん ¥110
・こしあんぱん ¥110
・クロワッサン ¥110
・レーズンブレッド ¥360
・アーモンドレーズン ¥200
・バターレーズン ¥100
・プチレーズン ¥60
・くるみパン ¥210
・スイートバンズ (5個入り)¥200

相談にのってもらえる町のパン屋さんって、嬉しいです!

パン屋 アンベーカリー 〜第3号〜

★この記事は2007年8月に投稿したものです(住所は移転先に変更しました)★
★お店のホームページではありませんのでご了解ください。★


パン屋 アンベーカリー(完全無添加の食パン)
〒470-2103
住所:愛知県知多郡東浦町大字石浜字川尻23-1
電話:0562-84-5795


パン屋アンベーカリーの久田さんです。
今日はご主人の写真を撮らせてください、と言いながら、つい話しがおもしろくて長居してしまいました。忙しいのにスミマセン・・・。





クロワッサンのサクサク感や、バターたっぷりでも胸焼けしないとか、材料以外にも工程が他所の店と違うのでは?と思ったんです。
ところが「やることに違いはそんなに無いと思うよ。」ということでした。さらに、
「水分量が違うだけで、温度が変わるだけで、味は変化するから、いかに見るかで違いは出るんじゃないかなあ。」
私:「それは天ぷらを作る時、衣の温度が上がらないように小麦粉を冷蔵庫に入れて置くように、粉にも気を配る?」
「そう。オーブンで常に暑い厨房で作るわけだし、天候でも生地は変化する。だからおもしろいんだよね。常に研究したり新しいものを見つけて挑戦するのも楽しい!」

いつもアンベーカリーさんの厨房はすっきりしてるんです。こまめに材料が片付いているのはそういう訳だったんですね。バターなんてちょっと置いとくだけですぐ溶けちゃうような暑さですもの。温度や材料の管理って味を左右する大事なことなんですね〜。

ご主人は2007年2月8日のブログを見てくださったそうで(ありがとうございます!)、オレンジブリオッシュで胸焼けしなかったか心配してくださいました。奥様も「大丈夫?1時間過ぎてから胸焼けしてるんじゃないかって・・。」
・・・私ったら「オエっとくるか?」なんて書きたい放題、しかも心配かけてごめんなさい!本当に大丈夫だったんですよ〜!ハズレをうっかり食べた日は、治るまでつらいんです。でもこれは美味しくいただきました♪
そしたらね、「これもバターが多いんだけど食べてみる?」って。
時々しか出さないというサイコロのようにかわいいフレンチトーストでした。「うわ、また挑戦?」ってまた失言する私。「ブリオッシュで大丈夫ならこれも大丈夫。」そうですか、それならば、と帰宅してからいただきました。これが卵の味がしっかり出てて、小さいキューブ状だから1個ずつ食べやすいんです、美味しいですよ〜この卵の味大好き〜!
この写真の1番手前がフレンチトーストです。

ありがとうございました!

qrcode
書いた記事数:1101 最後に更新した日:2018/11/07
無料ブログ作成サービス JUGEM