【東浦】杉浦人形

歩いてたらちょうど杉浦人形さんの前を通ったので、ふらふらと引き寄せられるように店内に入ると大勢のお雛様。
美しいわ。。。 (´ー`*) 
東浦町にある杉浦人形さんでは、思い出の着物や帯、ウェディングドレスなどを使って人形の着物をオーダーメイド可!
店内にはいろんな衣装のお雛様が飾られてますが、3月3日を過ぎると五月人形と入れ替えになるそうです。


詳しくはWEBサイトやブログへ。スマホサイトもあります。
http://sugimitsu.com/
*kurashi zacca* (インタビューを見つけたのでリンクはります)
http://www.kurashizacca.com/interview2/sugiurakatsumi-sugiuraningyo/











☆今回おじゃましたお店情報☆
杉浦人形〜人形専門店・製造元〜
http://sugimitsu.com/ 
〒470-2102
愛知県知多郡東浦町大字緒川字家下1-4
電話:0562-83-4926
営業時間:9:30〜19:30
休日:1/1、6月〜10月の月曜日
※営業時間等は掲載当時と異なる場合があるので

【東浦】杉浦人形 雛人形、ドール衣装

用事を終えて緒川の町を歩いてたら、
きれいな布が視界に飛びこんできた!

東浦町緒川の杉浦人形さん。
http://sugimitsu.com/

金襴など、布の販売中だそうです。すてきだわ〜

IMG_0823.jpg

小物のアクセントに使われたり、テーブルクロス用に購入される方もいらしたそうで、
私も何かに使ってみたいな、部屋のどこかに使うとか…
ピアノにかけてみようか、家具に貼ってみるとか (*´∀`*)

IMG_1349.jpg

杉浦人形さんでは、○○ちゃん人形とか、△ー△ーちゃんとか、
自分のドールにお雛様の十二単を、オーダーメイドで着付けしてもらえるんです。
フィギュア好きな人も多いと思うんですけど、まじな十二単を着せれるってすごいと思う。
以前、お孫さんの人形に着せてみたという、
十二単を着た人形の○○ちゃんを見た時は衝撃でした。かっこええ!

IMG_3064.jpg

杉浦人形〜人形専門店・製造元〜
http://sugimitsu.com/ 
〒470-2102
愛知県知多郡東浦町大字緒川字家下1-4
電話:0562-83-4926

杉浦人形 〜第3号〜

杉浦人形〜人形専門店・製造元〜
http://sugimitsu.com/ 
〒470-2102
愛知県知多郡東浦町大字緒川字家下1-4
電話:0562-83-4926


「人形師の日記」が始まりました!
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://blog.sugimitsu.com/

重厚感ある反物で作られるから、お雛様の品がいいんです。お手ごろ価格で売られてるお雛様と比べるとその差は歴然。(私もちょっとは目がこえたかしら?)
先日「杉浦人形さんで売ってる布、大好き!」という知人がカバンを披露してくれました。
それは3月に行われた卒業式のために、袴姿に合わせたという手作りのもの。
数種類の布を組み合わせたデザインでボタンにも飾りがしてあり、中にはかわいい裏地とレースがついてて彼女にぴったり!


用途に合わせて使えるよう肩から下げれるように、また手提げにもなります。


さて杉浦人形さんの店舗屋上と店内には鯉がいっぱい泳いでいました。

鎧兜がずらりと…
これは迫力あります
兜もずらり
箱詰めされた鯉たち

早いものでもう4月ですものねえ!
入園、入学、進級、それぞれの春がやってきました。
私の子供達も「さ〜くら咲いたら年中さん♪だよね!」と楽しみにしています。しかしこんなに暖かいと咲き終わりそう… ゆっくり楽しませてちょうだいね!

杉浦人形  〜第2号〜

杉浦人形〜人形専門店・製造元〜
http://sugimitsu.com/ 
〒470-2102
愛知県知多郡東浦町大字緒川字家下1-4
電話:0562-83-4926


杉浦人形3代目人形師のご主人が制作したお雛様が、ショールームにずらりと飾られ販売しています。卸問屋・専門店には大量に同じものが作られますが、ご主人はお客さんが選ばれた大切な1点物を作りたいという思いから、どんな生地でも応対してくれます。
またお雛様の道具だけでも人形一体だけでもいいし、修理の相談に応じてくれます。



お店にある見本の生地から選んでもよし、譲り受けた帯や大切な思い出の着物などを使えば、オリジナルのお雛様が出来上がります。そういえば卒業して使わなくなったランドセルや学校の制服を小さなサイズに作り直してくれる会社があるそうですね。我が子が初めてはいた靴を型取りして記念に作り直すとか。きれいに飾れるのはいいですね。(#^.^#)



制作工程の一部をご紹介。
 衿付けをしています。
 
 何枚も重ねて
 着付けをします。
 手を振り付けます。

雛飾りの1点物を作るためにたくさんの生地があります。制作には生地の全てを使うわけではないので生地が残ります。杉浦人形の奥様がそれを使って小物を作って販売されているというので見せていただきました。

ショーケースにびっちりと。大き目のかばんや手提げ、数珠入れや財布など。

 手提げの生地のアップ。
 
小物入れは大中小サイズはいろいろあって、値段は300円〜800円。
えっ??友禅や京都の金襴(きんらん)だし、生地代だけでもっとすると思うんですけど?
「いいんですよ〜生地を処分するにはもったいないし、有効利用できてしかもお客様に使っていただければ嬉しいです。」
それにしても人件費無しですよね?買う方は嬉しい!(いいんでしょうか・・?)

 
 
もっと大きなもので1000円〜2000円。
母子手帳を入れるのにちょうどいいと言われ、購入されたお客さんもいるそうです。他にも袱紗(ふくさ)やパスポート入れに使うとか。なるほどね〜出産祝いにケーキと一緒にプレゼントしても良さそうだし、結婚式のお祝いをこれに包んで、手提げを披露宴の荷物入れに使えばすごくおめでたい感じがします。


「このように折って作ります。」と説明してくださる奥様。
毎年4月以降に金襴が来るので、それを10cm単位で切り売りをしてくれるそうです。
パッチワークをしている知人に教えてあげよう。興味のある方もこの機会に行ってみてはいかがでしょうか。小物にも使えないぐらい小さな端切れは町内の児童館へプレゼント。紙のように薄い生地は折り紙に、きれいな刺繍は切り取って工作に、細長く切って手首に巻いたりと、子供達に喜ばれたそうです。本物の生地で遊べるっていいですね!
楽しいお話しありがとうございました。

杉浦人形店 〜第1号〜

杉浦人形 〜人形専門店・製造元〜
〒470-2102
愛知県知多郡東浦町大字緒川字家下1-4
電話:0562-83-4926  年内無休

ウェブサイトの相談を受けた夫に同行し、おじゃましました。

杉浦人形のご主人です。
中にはずらっとずらずらりとお雛様がたくさんいました。会社の近くなのでお店は知っていたのですが、実は店内に入ったのは初めて。


買う予定が無いと入っちゃいけないかな?なんて思いがち。そんな話をしたら奥様が、『そんなことない、いろんな方に見てほしい』と話されました。気軽に立ち寄ってもらうにはどうしたらいいだろうか、ということで、入りやすい店作りやイベント企画など、いろいろしゃべってみるとなんだか楽しくなってきました。


ここは製造工場です。こんな近くにあるとは知らなかった!杉浦人形さんは例えば、おばあちゃんからもらった帯や思い出のある着物を使って、お雛様のステキな着物に作り直してくれるんです。世界でたった一つのオリジナルお雛様。いいですね〜!
また改めて作業風景の写真撮影があると思いますので、よろしくお願いします。

1

qrcode
書いた記事数:1078 最後に更新した日:2016/12/30
無料ブログ作成サービス JUGEM