タツミ額縁店

〜各種額縁製造販売・各種画材販売〜
住所:愛知県知多郡東浦町緒川篭池13-5
電話・FAX:0562-83-5861
時間:10時〜
定休日:毎週火・水曜日

お店の裏へ行くとアトリエが… 
あると教えていただいたけどもウロウロ。森の中に入っていくのかしらん、建物はあるけどこれかしら、うーん?鍵がかかってるし。こっちかな〜と、ようやくたどり着きました(といっても決して深い森ではなく、私が迷っただけデス)。
中で制作されているのは生徒さんでした。仕事が終わってからとか、休日に通ってらっしゃるそうで、自宅では置き場所がないぐらいの、大きな絵を描くときも、ここならスペースがあるし、集中できるのがいいそうです。



「悩んだ時にはお店へ行って、先生に教えてもらえるしね」
なるほど〜、それはいいですね♪ しばらくすると、先生(加藤さん)がいらっしゃいました。製作中の絵を見てアドバイスをします。







全体を見て、ここは…、と、なるほど〜。




作品展のお知らせです。
期間:平成21年9月1日〜30日
時間:9時〜15時(土日祝日は休み)
場所:碧海信用金庫東浦支店(東浦町緒川家下9-4)

生徒さんへの指導のあと、絵を描くコツを教えていただいたり、東浦の話になったり。そこへ外出されていた奥様が帰宅されたので、今度は奥様からみた加藤さんの話に。一緒に仕事をされてきて、いろいろ思ったことを明るく笑って話してくれました。
「夫婦で一緒に長く仕事をするというのは、やっぱり支え合う気持ちが大切なのね〜。」
支え合い… なるほど〜。「でも初めからこうじゃなかったのよ、言いたいことが言える様になたのは最近だし。」一緒の時間をすごしてきたからこその気づき、とかでしょうか。しかし奥様は笑顔がとってもチャーミングで、毎日が楽しそうな感じがして、初めてお会いしたのになんだか私も楽しくて。私も夫と、支え合えるようになりたいなーと、しみじみ思いました。
私もやりたいことがあるので、その話を聞いていただいたりして、がんばろう!と勇気をいただきました。帰り道におもわず鼻歌が♪♪

「あんなこっといいな、でっきたらいいな、
 あんなこっとこんなこっといっぱいあーるーけど〜〜♪♪」

↑きっと歌詞が違うと思いますが、気になさらないでください。とにかくご機嫌に、やや浮かれ美味の自分に、笑ってしまいました。毎日コツコツとにかく挑戦☆悩んだ時には、また相談におじゃましたいと思います。
ありがとうございました!

タツミ額縁店

〜各種額縁製造販売・各種画材販売〜
住所:愛知県知多郡東浦町緒川篭池13-5
電話・FAX:0562-83-5861
時間:10時〜
定休日:毎週火・水曜日



店内は画材がびっしりたくさん並んでいて、部屋の隅にテーブルと椅子があります。きっと長居するお客さんが多いのかなと思いました。座って待っててねと言われて待つことに。そしたら、いろんなお客さんがみえました。絵の具を買いに来た人、絵の相談に来た人、どのお客さんも常連さんのようで、いろいろ話をしています。



店主の加藤一男さん。
全国額縁組合連合会認定のフレーマーです。そして画家でもあり、絵の指導もされています。お客さんは皆、絵を描いている人たちなので、加藤さんは、絵の方はどう?とか、どんな感じに進んでる?など声をかけます。
私も一緒になって会話に入れさせてもらって、そうしたらもうすぐ展覧会の期日が迫ってるのに、まだ完成にならなくて、という話も出たりして、あせりや不安が出てくるのが、じわじわと伝わってきます。しかし、この写真どおりの加藤さんのにこやかな笑顔と、応援してくれる気持ちが伝わって、よし、がんばろうと思う人が多いのではないでしょうか。中には、今は描いてないけど、遊びに来たよ!という元気な方もいらして、私も楽しくなってきました。



加藤さんはいろんなことに詳しくて、それは芸術だけでなく、文学も歴史のことも土地や世の動きなど、話を伺ってとても楽しく勉強になります。
森の中にある額縁屋さんなので、まわりの人から、のんびりできていいねえと言われることもあったそうです。しかし初めから今の状態なのではなく、営業活動をたくさんされてきたことを話してくださいました。
「一生懸命外回りをしないと、仕事は見つからなかったんだよ。」営業エリアは広く、昔は街灯も標識も少ないので、道に迷うこともあったり、大雨の中、車を走らせて大変だったこと、とびこみ営業の大変さや厳しさ。しかしこの経験があったからこそ、現在に結びついているようです。今ではお客さんは町内に鍵らず、遠くから足を運んでくださる方も多く、きっとそれはお店へ商品を買いに行くだけでなく、加藤さんご本人に会う楽しみがあるから、画材を買いに行くのではないかな、と思いました。



布袋を手作りされているお客さんがみえました。近隣の市で委託販売されてる人気商品だそうで、それにしてもすごい量。どんどん売れるからせっせとたくさんの布を仕入れて作ってるそうです。有松絞りがあったり、古い着物をほどいて作ったり、袋の内側にも布が当ててあって、大小いろいろ、大きめの手提げ袋もありました。この中から一部を加藤さんの奥様が購入されていたので、ここで販売されるのかなと思ったのですが、お世話になってる方へさしあげたいわ〜、と話されてたので、もしかして店頭には並ばないかも?
「こんなにたくさん作って、肩こりとかないのですか?」という質問をしたら、
「あなた若いのに何言ってるのよ〜」と笑い飛ばされ、
「いやいや若くないです、仕事柄、目肩腰にきて困ってるんです〜」
奥様とお客さんと私で健康のことから布のこと、いっぱい喋って楽しい!楽しい時間はあっと言う間に過ぎていき、そろそろ失礼しないと。長居をしました。

お店の奥にはトリエがあり、夕方になると生徒さんがいらっしゃるそうなので、また寄らせてもらうことに。それでは一旦失礼します〜。
外に出て車が通ってる道から写真を撮りました。まずはこちらから、「タツミ額縁店」と看板があります。わかりますかしら、小さくてゴメンナサイ。



この道を入っていくと



花が咲いていて



二手に分かれるので右の道を進むと…





はい、この看板から中へ入ります。駐車場がありますから、車を停めれますよ。ここから先は田んぼと畑と森になってて、いろんな種類の鳥が見れるので、私の好きな道でもあります。最近は夜になると狐の鳴き声が聞こえるそうです。それって半田市のごんぎつねの仲間かしら。私も聞いてみたいなと思いました。

タツミ額縁店

〜各種額縁製造販売・各種画材販売〜
住所:愛知県知多郡東浦町緒川篭池13-5
電話・FAX:0562-83-5861
時間:10時〜
定休日:毎週火・水曜日

東浦町には、絵を楽しむ方がとても多いようで、個展やグループ展などがあちこちで開催されています。画材はどこで買うのかなあ、名古屋市までわざわざ買いに行くのも大変だし、近隣の市にお店があるのかしら、そんな感じに思っていました。
今回訪ねたお店は、以前教えていただいて、ぜひ一度と思っていたお店です。
そこは自然に囲まれたお店で…



タツミ額縁店さんです


店内に入ると音が聞こえます。額縁を製作中。


部屋の奥でお仕事中。おじゃまします。


皆さんお仕事中。絵(作品)に合わせて額縁を作ってもらえます。


個展かな、グループ展かもしれませんが、たくさんの絵が届いてて、その絵に合わせて1枚ずつ額を作っています。忙しい所にお邪魔しちゃってごめんなさい。すみませんといいながら写真を撮る私。ガツン、ガー、と音がしながら、額縁ができあがるのが面白く、なんと言えばよいのか、どんどん作り上げる感じです。じっと見ていたいけど、凝視してるとそれもじゃまかなと思い、別の部屋へ移動します。

画材が〜!
いっぱい!

私は額縁だけと思い込んでいましたが、ここは画材も販売されているのでした。
なるほど、絵を描いてらっしゃる方は、ここで購入されてるのですね!絵の道具から材料から、びっしりあります。あれも欲しい〜これも〜、色がきれいだ〜、子供にこの絵の具を渡せば、きっといい絵が描けそうな気がする。子供の頃、筆をたくさん欲しかったことを思い出しました。
1

qrcode
書いた記事数:1078 最後に更新した日:2016/12/30
無料ブログ作成サービス JUGEM