【東浦】於大まつり〜第1号〜

4月21日(土)う・ら・らバスに乗って於大まつりへ行きました。
バスに乗ってさあ出発!と思ったら、うららでは乗車料金のお釣りがでないと言われがびーん。

¥100×3人分=¥300

お財布には千円札と500円玉しかない。
子供たちは不安な顔で、「お母さん…、バスに乗れないの?」
(私:バスに乗りたいよおっ!)
そこでバスに乗ってるお客さんに向かってお願いしてみた。
「どなたか500円を両替していただけないでしょうか…」

皆さんいっせいにカバンを開けて見てくれて、
1人のご婦人が「私、小銭ありますよ〜」と言ってくださり、両替完了。
ありがとうございます〜!(T_T)
おかげ様で料金を払ってバスに乗ることができました。
これからはもう忘れません、うららに乗る時は小銭の準備!

さぁ、出発♪ 
車内の後方には「バスに乗って町めぐり!」の張り紙。GO!



ほぼ満席で、大人も子供もいっぱい。
「今日は於大まつりだがね、知っとった?」なんて会話が聞こえてきました。
そうです、まつりです〜行きますよ〜♪
バスの窓から、菜の花がたくさん咲いてるのが見えました。



前日の音楽祭ではじけましたので、本日はちょっと遅れて到着となりました。
向こうの方で行列が見えます。



明徳寺川の北側は於大行列とお客さん、


川の南側では健康づくりの体操の皆さん。



乾坤院の本堂です。HPはこちら
「法を説く場所であり、禅寺院の法要の中心となる建物。当院の年中行事や法要を執り行っている。御本尊は釈迦牟尼仏を胎内に納めた大通智勝仏。」HPより



於大姫ちゃんと侍女の女の子たちが参拝を終えて出てきました。
奥の建物は大庫院。
「元禄12年(1699)に建てられたものが平成10年まであったが、老朽化のためこの大庫院が新しく建てられた。今では法事や寺の行事に接客の場として使用されている。古い造りを基調としていて社寺建築の粋を集めたもの。玄関入口は総欅造りの国産漆塗りが施され、玄関正面には韋駄尊天が安置されている。院内の五十五畳敷き書院造りの和室は総檜造りで素晴らしい。」HPより



階段の上には堅雄堂。
「寛文十年(1671年)、当時岡崎城主の水野監物忠善が、先祖供養と曾祖父に当たる水野忠政(法名「大渓堅雄大居士」)を顕彰するため建立。堂は三間四面、回り縁付宝形造り本瓦葺で、水野家代々の位牌が祀られている。」HPより



水野家四代の墓。
「堅雄堂の西には、水野家中興の祖四代城主水野忠政と六代城主忠守公、その子忠元公、その子で岡崎城主忠善公の四代の御墓がある。」HPより

東浦ふるさとガイド協会さんの説明を聞きました。
じっくり見て聞いてなるほど〜、勉強になりました。
今度はふるさと散歩に参加してみたいです。
詳しくはHPへどうぞ↓
http://higashiura-guide.jimdo.com/



於大公園の会場に着くとお客さんがいっぱい。
さて何を食べようかな〜



東浦ふるさとガイド協会さんのブースで、父は本を購入。
地域ごと等いろんな種類がありました。




【東浦】於大まつり〜第2号〜

ステージで何かイベントをやってます。



こちらは陶芸作品の販売。



商工会青年部のブースでは恒例の焼きそば!
R-TOPの吉野さんとその向かいに藤江不動産の新美さん(全然写ってなくってごめんなさい)



水野造園の水野さんと、右は保険の新美さん
焼きそばまぜまぜおつかれ様です〜♪ 
イケメン部長はうしろ姿のみ、写真を撮り忘れた、残念っ



まずは焼きそばを買い込んで、
あれもこれも食べたい〜とフラフラ歩き回る。

 

関さんが手にしているのは「やっぱり美人街道 マップ」
このマップを持って飲みに行こう!詳しくはコチラ

そしてこのブースは「東北を応援する会」です。
宮城県石巻の雄勝石やすずり石、三陸海岸でとれた、ワカメやとろろ昆布などの海産物も販売。
雄勝硯は、大津波に遭いながらも無事に残った奇跡の商品です。
新聞にも硯のこと、紹介されてるのを読みました。



フラフラ歩きはまだ続く、
ポテト〜 シーダーハウスのラスク〜 焼きそば食べておやつは何にする〜?

 

こういう小物も気になります。



お花がいっぱい。
何気に鎧を着た男の子たちが写ってる。いいね〜(*^_^*)



【東浦】於大まつり〜第3号〜

公園内の桜も満開です。
シートを敷いてお弁当を食べてる人も。



今回デビューしたおだいちゃん見っけ!



これからきっとあちこちで会えるね☆



ステージでは手作りよろいの会の皆さんによる創作劇です。
HPはこちら → http://ishinosin.jimdo.com/手づくりよろいの会/



外国の踊りも見れました。



ギター同好会の講師でありシンガーソングライターの村松愛子さん
これからも町のあちこちで一緒にコンサートをお願いしたいです。



キッズダンスを見て、娘が「踊りたい…」
そうか、興味あるのか〜。わくわくするね。



このはな館の前では、温泉の足湯コーナーがあります。
すっごく気持ちいい!って言ってました。
入ってみたいけどもう終わりの時間なのね〜



会場ではゴミの分別をすすめています。



イベントも終わり、中学生のボランティアの皆さんが「クリーン隊」」として活動中。
お疲れ様でした。ありがとう!



帰り道、父が今度仲間を連れて東浦へ歩きに来るというので、その下見にフラフラ。



緒川城址。初めて来た!
給食センターからくねくねと歩いた所にある。
説明がうまくできないけど、道は古くからある感じの、
お散歩が楽しくなる小道とわき道、そうか〜これが緒川城址なのね。
東浦にきてはや数年。じわじわと楽しんでます(*^_^*)

1

qrcode
書いた記事数:1078 最後に更新した日:2016/12/30
無料ブログ作成サービス JUGEM