【東浦】 このはな音楽祭 

2008年のプレコンサートから始まり、今年は3年目となるハズでした。
町内だけでなく、名古屋市とか遠方からも聴きに来てくださる方がいる、コンサートです。
演奏者(出演者)は町内の方たちだったり、国内外で活躍される方もいらして、
いわゆるコンサートホールではないので、目の前で演奏が聴けるという、
しかもロケーションが良くて、贅沢な時間だなあと思ったものです。
もしかして延期か会場変更かも・・・とは聞いていましたが、まさか中止とは (ToT)



なぜでしょう
多い時は120席の会場は満員になるほどの動員数で、
都やこさんのバッハ弁当とかもあって、
町は東浦を売り出したくないのかな?
東浦は新しいものを拒む町だったのでしょうか。
そんなことないハズです。
私の知ってる東浦町は、そんな町じゃないです。



音楽祭ブログを読むと、
「会場は使用料条例があっても本音は貸したくない。と告げられ 」とあります。
http://konohanaongakusai.cocolog-nifty.com/blog/blog_index.html

コンサートの本番中ぐらい、(長くて3時間ぐらいだと思いますが)貸切はできないのかな。
東浦町が出した貸し出し条件は、貸したくないからの条件にみえます。

料金を払って貸りるのに、
音楽を聴く環境にできないのは
なんででしょう、私にはわかりません。

悲しい気持ちでいっぱいです。
それでももしかしたら貸してもらえる方法があるのでは、と私は思ってます。

どうしたら貸してもらえるのでしょうか。
どうやったら音楽祭ができるのでしょうか。
どうか、教えてください。
よろしくお願いします。




【東浦】 2011年このはな音楽祭

このはな音楽祭の日程が決まりました。
以下このはな音楽祭ブログより

2011年のこのはな音楽祭は4公演を予定します。
5月7日(土)午後6時30分から弦楽四重奏の夕
   ゲスト 千カルテット

5月8日(日)午後2時から ブラスの響
   ホスト 東浦吹奏楽団

5月21日(土)午後6時30分から チェロ&チェンバロの夕
   チェロ 松井洋之 他

6月4日(土)午後6時30分から協奏曲の夕
   バッハ:2本のヴァイオリンの為の協奏曲
   早川正昭:日本の四季他
   このはな合奏団 とソリスト

*詳細は近日発表します。
HP   http://www.konohanaongakusai.com/
ブログ http://konohanaongakusai.cocolog-nifty.com/blog/

チャリティー音楽祭

11月20日に行われましたチャリティーコンサートの、当日の写真とプログラムです。

 満席でした

♪ ♪ プログラム ♪ ♪

1 バッハ        (独奏) 無伴奏ヴァイオリンパルティータ 第3番からガボット
2 モーツァルト (二重奏) 鏡のカノン
3 ダカン        (三重奏) かっこう
4 荒井由美    (四重奏) 卒業写真
5 井上陽水    (四重奏) 少年時代
6 ビートルズ   (四重奏) イエスタディー
7 久石 譲     (弦楽合奏) 君をのせて

休憩後:東浦ライオンズクラブ セレモニー

8 モーツァルト (減額合奏) セレナーデ第13番 アイネ・クライネ・ナハトムジーク
9 コレルリ    (合奏協奏曲) クリスマス協奏曲

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ヴァイオリンのソロから始まって、二重奏、三重奏と増えていき、
最後には合奏となる曲目でした。

チャリティー音楽祭(このはな合奏団)

日時:11月20日(土) 開場 14:30 開演 15:00〜17:00
会場:アニバーサリーハウス プルミエ
    東浦町緒川申新田二区67-3 イオンモール東浦 エンジョイライフ館
演奏:このはな弦楽合奏団
入場料:1,000円 定員:160名(先着順)

◆曲目
荒井由美/卒業写真、スタジオジブリ/君をのせて、ビートルズ/イエスタディー、モーツァルト/セレナーデ第13番、アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク、コレルリ/クリスマス協奏曲

◆前売券は10月15日(金)から下記チケット販売所にて発売
ライオンズクラブ事務局 0562-83-3818 
(有)エクセル 0562-84-2241
(資)千鳥屋 0562-83-3367
森永東浦ミルクセンター 0562-82-0866
スタジオながや 0562-83-3329



最後の曲、コレルリ/クリスマス協奏曲に私も参加させていただくことになりました。合奏に出ることはまれなので、ワクワクしています。

曲の解説はコチラをどうぞ → オーケストラ・アンサンブル金沢を応援するページより
「キリスト降誕の夜のために作曲した」
クリスマスの真夜中のミサ用の曲として作曲されました。そのためにこのタイトルで呼ばれます。重くて荘厳な感じから始まり、チェロの伴奏に2本のヴァイオリンが絡み合い、やがて降誕を祝う人々の歓喜を現す・・・のですが、全体はおごそかなムードです。

視聴はコチラをどうぞ → クリスマス協奏曲Christmas Concerto Op.6-8
※このはな合奏団では10人ほどで演奏します。

このはな音楽祭

チェンバロのコンサート当日、リハーサルを聴かせていただけるとのこと。カメラ係になって会場へ行きましたら、チェンバロ体験教室になっていました。ピアノ教室の生徒さんたち、それぞれ楽譜を持ってトライです。ちょっと照れながらも楽しそうに弾いてました。
その様子はこちらでどうぞ → このはな音楽祭ブログ「チェンバロの夕の一こま」



皆さんと話がはずんでいます。そしていよいよリハーサル。







大きなチェンバロが奏でる音は、なんというか、深みを感じました。古典のものは、しっくりとそしてキリリとしてて。途中で現代的な曲が演奏されてびっくり。この音は何?この曲はナンなの!?受付には三橋さんのCDが置いてあって、そのかっこいい曲も収録されてると教えてもらいました。これはもう買いです。そのCDに三橋さんとエスカンデさんがサインしてくださいました。ありがとうございます♪
チェンバロってかっこいい!知らなかった世界に出会ってしまった感じ。
チェンバロほしいなあ。でも高価で手が出せないわ。
せめて楽譜がほしいなあ。。。

さて、今週末はいよいよ音楽祭のトリ、「協奏曲の夕」です。
6月6日(日) 18時30分より (当日券¥1200のみ)

D.スカルラッティ:ソナタホ長調 K380      チェンバロ 浦川陽子→ホームページ
     
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番から
       アルマンド、サラバンド、ジーグ    ヴァイオリン 早川博子

J.パッヘルベル:カノン 二長調

A.ヴィヴァルディ:フルート協奏曲二長調 ごしきひわ   フルート 田口延行

W.モーツァルト:セレナーデ第13番 ト長調 アイネ・クライネ・ナハトムジーク

J.S.バッハ:2本のヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 
        ヴァイオリン 早川博子、竹内陽妃   合奏 このはな合奏団

コーヒーブレイクは、オーガニック&フェアトレードの珈琲問屋コモン→詳細はコチラ
このはな音楽祭公式ブログ トップページはコチラ


qrcode
書いた記事数:1083 最後に更新した日:2017/11/14
無料ブログ作成サービス JUGEM