【東浦】乾坤院

本堂が全焼したため、向かって右手にある建物(庫裡というのかな?)で観音講が行われました。
その後の精進料理です。
田楽、かき揚げ、ピーマンの肉詰め(お肉ではないけど)、お野菜の煮物、ピーナツ豆腐などなど。
作り方とか聞いたりして、皆さんと話しをしながらいただきました。



入口にあるお魚の…なんだろう、飾り物?
真ん中に丸いのがあるから、叩いて知らせる物かな。
ここはきれいなのですが、奥の方へ進む廊下には火災時の真っ黒いススが付いてました。



精進料理をいただく前に、副住職さんがお話しをされました。
(その感想をこのブログに一先ず下書きして、あとで直して公開しようって思ってたんですが、しばらく経ってしまいました。私がずしんと響いたことや、ひとり言ですので…(^^;)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
火事と聞いて、本堂が燃えてるのを見て、
建物の中に人はいなかったのか、被害者はなかったか、
夜は一睡もできず、生きていけない、と思ったそうです。

私、ぞぞっとしました。
隣の公園にまで火のついた木片が飛ぶような火災だったので、
周辺への影響はあったかもしれないけど。。。
死者が出なくて本当によかった。

駆けつけてくれた方たちが、食べ物を持ってきてくれたそう。
そして再建しましょう、と。
しかしすぐにそんな気持ちになれなかった。
それからも訪ねて来てくれる方たちから励ましの声をもらい、
たくさんの方から再建してほしいと言われ、必要とされてる、再建しよう、と。


再建に向け、あちこちのお寺を見に行かれたそうです。
乾坤院は立派なお寺だと思っていたが、他所のお寺も立派だと気付いて。
古いが良いと思っていたが新しいお寺も多いことに驚いた。
鉄筋もあれば木造もある。
再建するにはどんなのがいいか。
鉄筋も頑丈でいいかもしれないが、また300年先まで続くものがいい。

何もかも燃えたのでできないと思っていたが、そうではなかった。
今ある場所でやれたらいいじゃないかと。
必要なものは購入したり、もらえる物はありがたく頂いた。
どこでもできると思ったので、トイレだけは急ぎ直して、
2か月で全ての行事を復活することができた。


諸行無常のことはわかっていたはず。
形あるものはいつか無くなる。
しかし永遠にあってほしかった。

諸行無常とは、全部無くなることではない。
移り変わるもの。
新しいものに変わること。
本当の意味がわかった。

『いろはうた』に有為という言葉があります。
有為の奥山 今日越えて(ういのおくやま けふこえて)
有為←→無為
人間の心がある←→ない
人間は心にしばられている。
自分の持ってる執着心を超えること。

燃えた建物の中から、観音講で使われる印と名簿が奇跡的に残ってたそうで、
『またやりなさい、と言われてるように思えた』と話されました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

諸行無常の話。
私、カタチあるものはいつか壊れると解釈してました。
違ったんだね、それだけじゃなかった。
私、執着心いっぱいです。
ひとつ、心が解き放たれた感じがしました。


『どうぞ外に出て見ていってください』と言われ、火事のあったところへ移動。





以前、受付があった場所から本堂へ続く入口部分。



本堂と庫裡は木造だけど、
間にコンクリートでできたこの建物があったから、
火事が燃え移らなかったみたいです。
この中に入ると真っ黒で怖かったですが、
ここから観音講で使われる印と名簿が見つかったそうです。
奇跡的だ。


再建に向け寄付を受付中とのことです。
開かれたお寺にしようと、誰でも入れるように本堂の扉を開けてたそうです。
私も、開かれたお寺が好きです。
子供の頃、よく走り回って遊びましたから。

今回副住職さんの話しを聞いて、いろんな人に聞いてもらいたいと思いました。
そしたら、聞きたいという人がいたら来てくれるそうです。
話しを聞く会とか開きたいなと思いました。




曹洞宗「宇宙山 乾坤院」
http://www.medias.ne.jp/~kenkonin/
住所:愛知県知多郡東浦町緒川沙弥田4
電話: 0562-83-2506

【東浦】乾坤院

先月のことになりますが、乾坤院5月の観音講へ行ってきました。
敷地に入って右側にある建物で行われました。



格子から見えるのは、建物のあったところ。。。




いろんな話しがありました。
心にずしんときました。
自分なりに感じたことを書きたいーと思ってたけど
仕事だ決算だで更新できなくてもやもやしてましたが、ようやく。
 

【東浦】乾坤院



3月4日。
サイレンの音が鳴り響き、次から次へと消防車が走っていくので、
近くなのかと思ったらまさかの乾坤院でした。

来週は涅槃絵、そして桜の花見が始まって、
4月は春の於大祭りが開催されるのに。

テレビのニュースで空からの映像を見たら、
自分で思う以上にショックを受けてしまって。
映像でなく、実際に現場をちゃんと見た方がいいのだろうか。

何か支援できないか、何をどうしたらいいのか、と周りの人に聞いてみたら
お寺さんや檀家さんの意向もあるのでは、と言われ、確かにそうだなと思い。

いつも美しい景色でした。
今までずっと、ここにあったという歴史を
失うのって、あっという間なのね。(T_T)

それでも道を歩けば菜の花が咲きはじめ、野鳥が元気に飛んでるのを見かけます。

これは今年1月の写真です。青空がきれいでした(クリックすると拡大します)


乾坤院を訪れたバックナンバーはこちらをどうぞ
町長さんがブログに3/4の様子を書かれてます。→つれづれログ

【東浦】乾坤院

乾坤院へちょっと立ち寄り。
少し気温が低くなって空気がキリリと感じます。空がきれいだわ





説明看板が出てたのはたぶん東浦ふるさとガイド協会さんが案内されてるところかな。
門のところの文字は、そういう意味が、なるほど。
『夜半正明天暁不露 (暗は明である 明は暗である)』
またふるさと散歩に参加したいです。



次回の観音講は2月17日(水)10:30からだそうです。
写経カフェ!
行ってみたいなあ







宇宙山 乾坤院(けんこんいん)
http://www.medias.ne.jp/~kenkonin/
470-2102
住所:愛知県知多郡東浦町大字緒川字沙弥田4
電話:0562-83-2506


 

【東浦】乾坤院 観音講と首座法戦式

毎月17日は観音講の日。
久しぶりに行ってきました。
宇宙山乾坤院HP→ http://www.medias.ne.jp/~kenkonin/index.html




スタンプはまだ2個目。
お坊さんのよく響く声がカッコイイ。
和尚さんの面白いお話は人の歴史から始まり、
世界をぐるぐるっと回って何処へ着くのかな〜と思っていたら、『縁起』のお話でした。
そうか、そうなんだな、なるほど。



そして精進料理をいただきました。
ん〜〜美味しい!ありがとうございました。



実家にいたころは、お寺に法事だなんだでよく通ってて、
いとこ達と境内を走り回って、楽しかった思い出があります。
大晦日に鐘をつきに行ったこともあったな。
なので宗教がどうとか、深く考えてないのですが、
私にとってお寺さんは、昔からの近い存在になってます。
お堂の中にいると、ほっとします。


来月の観音講の日は11月17日10時より受付開始です。
この日の午後3時より、乾坤院本堂にて、
和尚さん約20人と修行僧1人が、大問答をするそうです。
住職になるためのテストの1つだとか?
詳しくは→ 曹洞宗 首座法戦式とは

qrcode
書いた記事数:1078 最後に更新した日:2016/12/30
無料ブログ作成サービス JUGEM