東浦巨峰ワイン

今年のワインができましたよ〜。東浦の巨峰ワイン、白とロゼが販売されました。






えっもうできたの?とお思いのアナタ。ワインにうとい私も思ったのですが、新酒というのは数ヶ月でできるそうですね。
新酒といえば「ボジョレーヌーボ」。さらっとご紹介しますと…


■解禁日:毎年11月の第3木曜日に解禁となるもので、この日以前にお店に入荷されても販売してはいけないことになっています。もちろん、飲むことも禁止です。
■産地:フランスの都市リオンから1時間ほどの郊外にあるワイン作りの盛んな丘陵地、ボジョレー地方で作られたワインでなくてはいけません。その中でも、「ボジョレー」「ボジョレー・ヴィラージュ」という銘柄の新酒だけが、「ボジョレー・ヌーボ」と呼ばれるワインになるのです。仕込んでからわずか2ヶ月足らずで発売されるもので、ガメイ種を使用することが法律で決まっています。
■決して高価なワインではなく、味としてもワイン通にとっては「おいしい」といえるものではないという評価も。しかし、渋みが少なく、口当たりの良い軽めのワインなので、お値段的にも気軽に楽しむことができるワインで、季節を感じる風物詩としてなくてはならないもの、という位置付けにあるワインのようです。               以上ワインの解説より。


とっても本当に口当たりの軽いというのでしょうか、さらっとしたワインでした。町内の酒屋さんで買うことができます。値段は、ううんっと1260円だったような気がします。スミマセン、だいたいそれぐらいと考えていただけたらと思います。限定品でございます〜。






杉原ぶどう園 〜第5号〜

杉原ぶどう園
住所:愛知県知多郡東浦町大字緒川字桐池壱区14-1
電話:0562-83-4324


今日はお土産用を買いに朝からお出掛け。キジパラダイスの道から行ってみました。
高速道路の出入り口から南に行って左折すると田んぼ道になるのですが、この写真に写っている森の向こうに杉原ぶどうさんがあります。(こんな説明でいいのかしら…)

途中に池が有り。
ハイ、この木の向こうです。

こんにちは〜。
沢山ありました!
1kg箱入りを2つ購入。
お店によっていろいろで、杉原ぶどうさんは持ち帰り用のぶどうにも1つづつビニル袋に包んであります。茶色の紙袋もあれば箱も用意してあります。
こちらは4kg・5kgの箱。

杉原ぶどうさんには双子の坊やがいて見分けがつかないほどそっくり。
今日はボクちゃん達にぶどうの案内をしてもらいました。
どれが大きいかな?
これだよ
いい笑顔だねー
「これが大きいよ!」本当だね〜♪
こっちは安芸クイーン

じゃぁ親子の写真をって言ったら「え〜〜(;一_一)」って。
杉原さんのご主人は綱引きチーム「東浦アトム」のメンバーでとってもマッチョ。そのメンバーはぶどう屋さんと牛屋さんで構成されているらしい。今は皆さん忙しくて練習できないけど、9月過ぎたらまた始めるそうなのでぜひ見てみたい!と思う私でした。以前紹介した水野農園さんも実はそのメンバー。マッチョなぶどう屋さんがいる東浦です!


左奥から安芸クイーン・巨峰・ロザリオです。
色がきれいで美味しそう!こんな3色セットがあったら…なんて思うのですが、今販売されているのはハウスの巨峰のみ。もう少ししたら安芸クイーンが出て、その後にロザリオビアンコ・ロザリオロッソと巨峰の露地が出ます。ロザリオはもっともっと黄色くなるんですって。ロザリオも安芸クイーンも糖度が高くおすすめですが、出たらあっという間に売切れてしまう人気のぶどう。数も限られてるしなんといってもお天気によって熟し方が左右されるのであと○日ぐらいかな?という言い方になってしまうそう。
昨年ロザリオを食べ逃した私はもう通うしかないかも?


杉原さんのお母さんです!(写真は小さくと約束しましたので、気持ち・小さめにしてみましたがいかがでしょうか?)お客さん一人ひとりに明るく元気に声をかけてくださり、またお客さんの顔をしっかり覚えてるので久しぶりの人でも会話がはずみます。やさしい笑顔に会いたくて通われる常連さんも多いとか。覚えててくれたら嬉しいですもんね。
ロザリオを買いにまた来ますので、よろしくお願いします!

杉原ぶどう園  〜第4号〜

杉原ぶどう園
住所:愛知県知多郡東浦町大字緒川字桐池壱区14-1
電話:0562-83-4324


「ぶどう販売はじまりました」
待ってました!ぶどうの旗が出たらその合図です。
今日は初めての人にもわかってもらえるような写真撮影にチャレンジ。まずは地元の人なら知っているとっても安いガソリンスタンドから出発です。

交差点「鰻池」を南へ
坂を下ります。
無謀にも運転しながらの撮影にチャレンジ。こっわー!びっくり

やっぱり運転しながらはとってもこわいので車から降りましょう。
むこうの方にある旗が目印。
ココ!を右折します。
看板のアップ。
ジョギングまっすぐ進みます。
ひたすらまっすぐ。ジョギング汗
今日は暑いじょ…晴れ
もうちょいか晴れ晴れ
右手には田んぼ
 左手にフシギな実がなってる。
ハイ!ここを左折です。
 お〜やっと建物が見えます。ココか?
奥の右側、コッチでした。
かわいいお花がおでむかえ
こんにちは〜♪
奥さん走ってるし。
ハーイ巨峰ですっ拍手

今日の東浦はメチャ暑いです。肌が焦げそう!!車ならヒョウイヒョイって行けるんですけど、こんな日に歩いたもんだから頭がモウロウとしております。でもね、ぶどう屋さんは朝早くからずーっと外で働いてるのね。美味しいぶどうに育ててくれてありがとうです。

こののどかな景色がいいってお客さんに喜ばれるそうで、ドライブがてら名古屋から多くの方がみえるそうです。持ち帰りもするけど、日頃お世話になった方へと送る人が多く、1人で何箱も注文します。だいたいどこ店でも1〜5kgの箱があります。

杉原ぶどうさんへ、もう一つ裏から行ける道があるんですけ、どこれはもう迷ってしまうのでやめとこう…って思いながら車を走らせてたら田んぼからキジがピョーっと走ってきて間一髪!!あぶなーいびっくり 飛び出すなよ!!目の前を走るもんでびっくり。なんで飛ばんのよ??この辺り、禁猟区になったのでキジパラダイスなんだそうです。キジにご注意。


あら、気付けばあと1つ。
今年は早くからお客さんがくるのですっごく忙しいみたい。お持ち帰り用に欲しい方は午前中〜昼間ぐらいに行った方がいいみたいです。

結局わかりやすい写真というのは、う〜んどうなんでしょう?しかもぶどうの写真が2枚ってどうよね?たくさん撮れて自己満足ってとこでスミマセン!
そうそう、ロザリオビアンコは17日以降かな〜?ってお聞きしましたので、また販売が始まったら写真に収めたいと思います。今日はありがとうございました。

杉原ぶどう園 〜第3号〜

杉原ぶどう園
住所:愛知県知多郡東浦町大字緒川字桐池壱区14-1
電話:0562-83-4324


あたり一面ぶどう畑、広いですね〜。構図はさておき青い空の写真が撮れてご満悦の私。(白い空になってしまうことが多いですから!)


元気よく上へ伸びるぶどう。


こんなに影ができるほど葉っぱは育っています。


ぶどうは上へ上へと成長するので、縦横に張ってある紐に這うようしばります。
まるで海ブドウのように鈴なりに実が付きますが、これをほっておくと長ーく伸びるし実が落ちるので、実の下を切って形を整える。一枝に付ける分以外は切り落とし。そうすることで味も栄養もぎゅっと凝縮されます。
いくつもある畑全てのぶどうに一つずつ手作業で仕事をされるわけで。立ちっぱなしに腕上げっぱなし、腱鞘炎にもなりそうって考えただけでヒェーびっくり気が遠くなりそう…。
しかも最近のお天気、不安定ですものねェ。
ついこないだ真夏日とか言ってたのに今朝は涼しく、娘も「今日はスカートだと寒いわ」なんて言ってました。急に冷え込むと受粉がうまくいかないこともあるそうなので、無事成長され美味しく熟していただきたい!と願うばかりです。

杉原ぶどう園 〜第2号〜

杉原ぶどう園
住所:愛知県知多郡東浦町大字緒川字桐池壱区14-1
電話:0562-83-4324


こちらが杉原ぶどうさんの入口と看板です。


「ロザリオ・ビアンコの花が咲いてるよ〜」と教えてもらい、ぶどう畑に入ると花の香りがふわっと、まるでやさしい何かに包まれるような心地よい香り。どこに花があるのかしらと探しますがそれらしきは見つからず、よーく見ると「えっこれ?」というぐらいちーさなのがありました。
それは花と言っても花びらがあるのでなく、まるで帽子のようにつぼみに付いてたキャップがポロっと取れると、雌しべと雄しべがあってそれが開花の合図。


開花したぶどうをそのまま置いておくと、この写真のようにいーっぱい実が付きすぎになってしまうので、切って形を整えます。(これはまるで海ブドウみたい!)


はい、こんな感じで。これはちょっと成長が早いですね。


ぶどうの花の香りを生まれて初めて知りました。ロザリオ・ビアンコは糖度が20〜21度と高いので、実1つずつに花が咲いたらもわっとするぐらい匂いがあるかと思いましたが大ハズレ。
ものすごーくやさしい香り!できればもう一度あの香りに包まれたい!
今回私の中でぶどうは白い花を付けると思い込んでいたことを発見。
白い花でよくあるのはみかんとか、柑橘系でしたね〜。

qrcode
書いた記事数:1106 最後に更新した日:2019/08/02
無料ブログ作成サービス JUGEM